Road to Java 今日から発売

エピソード1 今でも時々思い出すのは長い時間車に揺られて休憩タイムになり車から降りるときにミイラ化した自分の体が脳からの信号を受け取れずに片足を残して車外に転げ落ちた事。  恥ずかしくて周りを見回すと他にも腰を手で押さえて前屈みになったミイラがいたけど、どのミイラも自分の腰を伸ばすので精一杯なようで、誰一人私のワイプアウトに気が付かなかったようだ。